仲介と買取の違い|不動産売却は東京都中央区の株式会社クローバー

仲介と買取の違い

仲介と買取の違い


不動産を売る方法には大きく2通りがあります。
ひとつは、仲介会社を利用して、個人の買い手を見つけて仲介をとおして「売却」する方法。
そして、企業による買い取りを利用する「買取」です。どちらの方法を選択するかによって、
売却の金額やスピードに違いがあります。



「仲介」と「買取」の違い

仲介と買取の大きな違いは、売買契約の際に仲介者が入るかどうかという違いです。仲介は、仲介事業者が売主に代わって買主を探し、双方の条件を調整して売買契約に至るものに対し、買取は、売主が直接買主を探して売却するというシンプルな売却方法です。


「仲介」のメリット


買取よりも高い価格で成約するケースが多い

不動産仲介を選択するメリットは、買取よりも一般的に高い価格で成約が期待できる、という点です。時間をかけても納得する価格で売却したい、という方には仲介が適していると言えます。

住みながら売却活動ができる

引き渡し条件次第では、住みながら売却活動を行い、住み替える物件を探してから売却物件を引き渡すことができます。


「買取」のメリット


瑕疵担保責任がない

仲介の場合、売買契約が成立した後も「瑕疵担保責任」といい、物件に瑕疵(買主が把握していなかった不具合など)があった場合、売主が保障しなければならない場合がありますが、事業者による買い取りであれば、その点安心である場合が多いようです。

仲介手数料が発生しない

不動産を仲介してもらい売却した場合、仲介手数料として、売却価格の3%+6万円+消費税がかかりますが、買取の場合は不要です。

売却までのスピードが速い

仲介の場合は、広告による売り出し期間が必要なため、すぐに売却できるケースは多くはありませんが、買取の場合、買取事業者との条件が折り合えばすぐに売却となるため、スピーディーな売却が可能です。




不動産売却のことならクローバー