投資目的|不動産投資のことなら株式会社クローバー


株式会社クローバー Clover.Inc

TEL:03-3241-3113
FAX:03-3241-3110
営業時間:10:00〜19:00



当社は、これから不動産賃貸業による資産形成、所得税対策をお考えの方の初心者のお客様でもわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。
将来の相続税対策、遺言のご相談もお気軽にご相談下さい。

ご予算、立地条件から購入の為のアパートローンや税金のお悩みまでプロとしての経験を生かし、金融機関での融資付けまでご提案させていただきます。
ご売却をご希望のお客様には、戸建て、マンション、土地から事業用ビル、アパート、賃貸マンション、店舗物件まで当社独自の販売ルートにて早期売却いたしますことをお約束します。

不動産投資は、ただ儲ける為に行う投資ではなく、投資家の目的によりメリットが多い投資です。



資産形成ステータス

インフレ対策

不動産はインフレになると地価の上昇により価格・賃料とともに上昇する傾向があり、資産価値が増加する為、収益物件を保有する不動産投資はインフレ対策に強いと考えられます。

逆にデフレになると地価の下落により価格は下落するものの賃料は相場がある為、殆ど影響しないと考えられ不動産投資は不況にも強いと考えられます。



所得税対策

賃貸経営することの損益通算ができることが魅力の一つでしょう。給与収入と不動産経営収入を通算・確定申告する事により所得税の還付が受けられます。 具体的には、賃貸経営にかかる家賃収入から諸費用を差し引くことができ、その結果が税務上、赤字になる場合があります。この赤字金額を給与所得等から差し引くことで所得金額が少なくなり、所得税・地方税などを抑えることが可能になることから、サラリーマン投資家に人気があるのです。

【不動産投資による必要経費として認められるもの】

1.修繕費(資本的支出に該当するものを除く)
2.共用部分の電気代・水道代
3.入居者募集に関わる広告宣伝費
4.減価償却費・繰延資産の償却費
5.土地建物に課せられる公租公課(固定資産税・都市計画税)
6.損害保険料(掛捨てのもの)1年分
7.収益物件購入時の借入金の利息
8.立退き料
9.管理会社への管理手数料
10.税理士・司法書士などへの報酬
※上記以外にも認められるものもございますので、税理士にご相談することをおすすめします。




売却をお考えですか?
ご相談はお気軽に!